意外に出てくる沢山の不用品の対応は

意外に出てくる沢山の不用品の対応は

春の新入学就職や年末大掃除などの時、意外に出てくる沢山の不用品。

皆さん処分はどうされていらっしゃいますか?私の場合は古くなった衣類、読んでしまった書籍などが多いでですね。

ネットオークションやリサイクルショップで引き取ってもらうというのも、常套手段と言えましょう。

でも、これも意外に買い叩かれるというか自分で思っていたより安い値段しかつきません。

不用品とはいえ思い入れのある品物だったりする事って多いじゃないですか。

何千円も出して購入した写真集が10円!とか言われると、さすがにためらいがでますよね。

そこでおすすめなのが「社内イントラネット」や「グループウエア」を利用して譲渡するという方法です。

少なくともオークションやリサイクルショップなどよりは遙かに高い値段がつきますし、なにより同じ社員同士ですから気安く譲り受け出来ます。

万一の場合の返品なんかもスムーズです。

会社のシステムが受け付けてくれるかどうかだけが問題ですが、もし可能であればこれはおすすめだと思いますよ。

不用品の処分、回収業者を使ってみましょう

引っ越しの際、意外に沢山出てしまう不用品。

処理、処分にはたいていの場合費用が発生するので頭が痛いところです。

引っ越し見積の際、または実際の引っ越し作業時に引っ越し業者さんが「その程度のモノ(不用品)ならこちらで引き取りますよ」と、案外気軽に引き受けてくれることもあります。

最近は法規制が厳しくなって少なくは鳴っている様ですが、引っ越し業者さんも過当競争の折、本来扱えないモノまで引き受けて持って帰ってくれてしまう。

たくさんある不用品の処分方法

私達の使えなくなった不用品が万一、不法投棄にあったりしたら、そんな事を考えただけで、ちょっと不安になってしまいますよね。

多少処分費用が発生したとしても、やはりキチンと資格、免許をもった回収業者さんに依頼するのが安心なようです。

webサイトで料金が明記されているケース、引き取りに来てくれるケースなど、使う側のニーズに意外にキメ細かく対応してくれる業者も多くなって来ており、まずはwebで調べてみるのがよさそうです。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。